ホームページ制作は誰のためのものか

ホームページ制作は誰のために行うべきものになるのでしょうか。

これについては基本的には、弊社は大阪でホームページ制作会社を営んでおり、お客さまもホームページ制作はそのホームページを利用する自社の見込み顧客のために行うべきものだと考えております。

しかし、この誰のためにホームページを制作しているかというのは、実際にホームページ制作作業が始まると、忘れられてしまうことが多くあり、例えばデザイン段階で、SEOのことを考えてここは画像ではなくテキストが良いと思っても、画像の方が見た目が良いので、画像で進めてしまうことがあるのです。

このあたりのバランスが本当に難しいのがホームページ制作となっており、これらを徹底していくことで、期待以上の成果を出せるようになっております。

そこで今回は、ホームページ制作は誰のために行うのかについてご紹介をいたします。

ホームページ制作は誰のため?

誰のためにホームページ制作をするか

ホームページ制作は誰のために行うのでしょうか。

この回答は非常にシンプルで、そのホームページにアクセスしてくれたユーザのためになるのですが、このユーザのためにというのは、実は結構企画段階では、お客さまも弊社も共通認識として持っていることがあるのです。

そしてこの認識が薄れるのが、実際にホームページのデザインを出したときになっており、最近あった例でいうと、SEOを考えるとやはり見出しは画像ではなくテキストが良いと弊社では考えているのですが、テキストにした画像をお客様から画像にして欲しいと言われ、お客さまのホームページになるので、取り敢えずリスクをご紹介した後画像で作成をいたしました。

基本的にホームページ制作は、どのような悩みや課題を持っている人がどのキーワードで検索するかを考えてホームページを制作するのですが、そもそも検索順位を上げるためには、ある程度SEOに従うしかないのです。

そしてこの画像化は、確かに訪れた人が見やすくなるかもしれませんが、しかしそれをしてしまうとSEO効果が落ちるので、集客力に問題があるホームページとなってしまいます。

これらをしっかりと考えて対策を行い続けることが重要になっており、まずユーザのためのホームページ制作においては、人を集めるということを理解してから対策を行うことでより良いホームページ制作となるのです。

そして基本としてですが、ホームページ制作においては、もちろん優れたデザインを出すことは大事ですが、SEOのこともしっかりと考えなければ成果を出せるようにならないので、しっかりと対策建てて行うことが重要になります。

また、これらを行えば成果が出ないということではなく、どちらかというとホームページ運営量が増えると認識していただければと思います。

ユーザのホームページ制作は企画が重要

ユーザのホームページ制作は企画

そしてユーザのためのホームページ制作においては企画が非常に重要になっております。

どういうことかというと、基本的にはホームページ制作においては、ユーザのために行うにしても、2点のことを考えなくてはなりません。

まず1点目が集客になっており、●●で悩んでいる方をしっかりとこちらのページを見て頂くことで、悩みを解消することができると集客について考えます。

そしてもちろん、集客だけではホームページ制作の成果は出せませんので、その後にそのページを見た人の感じ方なども検討することが重要です。

そしてこれらを行うことで、ホームページ制作は期待以上に成果を出せるようになるのですが、このバランスは非常に難しいものになっております。

例えば制作した後直すという点もありますが、これらの作業を最小化していくためには企画をしっかりと定めることが重要なのです。

この企画をしっかりと定めることで、ホームページ制作の成果は飛躍的に高まり、期待以上の成果を出せるホームページとなるのです。

一般的には弊社はそのため、この企画をかなり時間をかけて行っており、納期が多少長くなることがあるのですが、しっかりとこれらを考えて対策建てて行うことで期待以上のホームページ制作となります。

基本的には作ってからバランスを取るということも可能と言えば可能ですが、しかし作った後にバランスを取ってしまうと、非常に多くの労力が必要になることや、ミスが発生することもあるので、しっかりと企画を立てていくことが重要なのです。

ユーザのためのホームページ制作

ユーザのためのホームページ制作

現在のホームページ制作においては、ユーザのためにとことんこだわったホームページ制作が重要になっております。

そしてこれらは決して簡単なものではなく、しっかりと対策建てて行うことで期待以上の成果を出せるようになっております。

これらを徹底することは本当に難しいものになっているのですが、しっかりと行うことができれば本当に効果を出せるようになっております。

ホームページ制作はユーザのために行うものであり、これらを追求することは基本的にはホームページ制作前の企画段階でしっかりと設計を立てることになっております。