ウェブマーケティングとは

2020年3月2日

ウェブマーケティングとは、ウェブサイトやウェブサービスなどで行われるマーケティング活動のことを言い、ウェブサイトの目的を達成するためには、どのような施策を行えば良いかを検討し、実行することを言います。

例えば、訪問者数が少ないウェブサイトであれば、なぜウェブサイトにアクセス数が足りないのかを仮説を立て対策を行ったり、訪問者数はある程度いるけれども成果に繋がっていない場合は、どのページにどのような問題点があるかをアクセス解析などの結果から改善を行うことを言います。

現在、ホームページから成果を出すためには、ウェブマーケティングの実施は必要不可欠となっているため、ホームページの運営やウェブサービスの提供をされている場合は、必ず実施しなくてはなりません。

そこで、今回は、webマーケティングについてのご紹介と、それぞれの手法について詳しく解説いたします。

webマーケティイングとは

webマーケティングとは、アクセス解析やユーザビリティーテストなどの数値データを活用し、ウェブサイトやウェブサービスなどから成果を上げるための具体的な施策を行うことを言います。

また、3C分析やKPI・KGIの設定、顧客単価を上げるためのレコメンド、リピート対策のメルマガなどもウェブマーケティングに含まれており、例えばECサイトにおいては、顧客・企業分析から商品の単価設定、ホームページへの集客と問題点の改善、顧客単価向上のための対策、リピート率対策など、一連の施策すべてのことを言います。

今や、ウェブマーケティングを実施することは、当たり前の時代になっているため、ホームページからの成果を向上させたいとお考えであれば、必ず実施しなくてはなりません。

集客施策

ウェブマーケティングで実施される主な集客施策をご紹介します。

SEO対策

SEO対策とは、Search Engine Optimizationの頭文字を取った略で、日本語で検索エンジン最適化のことを言い、グーグルやヤフーなどの検索エンジンから見込み客を集客するための手法となります。

SEOは、従来では、検索エンジンに対してホームページを最適化することで、特定のキーワードで検索したときに、検索結果の上位に表示される手法と言われていましたが、現在は、検索エンジンユーザのニーズに対してホームページを最適化することで、見込み客を多数集客するための手法となっております。

SEOには、大きく分けて2つの対策方法があり、外部対策と内部対策があります。

外部対策とは、他のホームページからのリンクを多く集めることで、リンクを多くされているwebサイトは良いホームページであると認識してくれるため、上位表示が実現いたします。

内部対策とは、ホームページの内部を検索エンジンに対して最適化することで、検索エンジンの情報収集効率の向上や、御社の全てのページが検索エンジンから正しく評価され、さまざまなキーワードで上位表示を実現させるための手法です。

どちらもSEO対策においては、非常に重要の対策となっているため、両方をバランス良く行っていくことが重要となります。

リスティング広告

リスティング広告とは、グーグルやヤフーなどの検索エンジンで検索を行った際に、検索結果の上部と下部に表示される広告のことを言います。

この広告は、グーグルであればアドワーズ、ヤフーであればオーバーチュアに申し込むことで、出稿することができ、広告出稿は月額ではなく、1クリックあたりの費用となるため、クリックされなければ一切費用がかからないタイプの広告となります。

また、広告の表示順位は、1クリックあたりの金額設定が高い広告が上位に表示されるため、金額設定を高くすることで、SEOで1位に表示されているwebサイトよりも上位に表示させることが可能です。

SEOは、上位に表示するまでに時間が掛かるため、即効性のある検索エンジンからの集客手法として多く活用されており、SEOとあわせて活用することで、効率よく訪問者を集客することが可能となります。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、ブログなどの運営者が広告を掲載し、商品が売れたら当初に設定した報酬を支払うタイプの広告になります。

広告を掲載するブログなどの運営者のことを、アフィリエイターと言い、アフィリエイターはA8.netなどのアフィリエイト広告サービスを提供している企業から広告主を探します。

ソーシャルメディア対策

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのソーシャルメディアを活用し、集客する手法になります。

ソーシャルメディア対策では、一方通行の情報配信を行うのではなく、ユーザとコミュニケーションを行いながらソーシャルメディアを運用することで、非常に多くの見込み顧客を集客することが可能です。

成約施策

ウェブマーケティングで実施される主な成約対策をご紹介します。

LPO対策

LPOとは、Landing Page Optimizationの頭文字を取った略で、SEOや検索連動型広告などからの訪問者に対して広告媒体の入口となる1ページ目(入口ページ)を最適化することにより、訪問者に2ページ以上のページを閲覧させる、あるいは成果に繋げるための対策となります。

なぜ、2ページ以上をユーザに閲覧させることが重要かと言うと、2ページ以上見たユーザは、御社のwebサイトのコンテンツに興味関心をもち、自分が抱える悩みを解決できるかも知れないと思い、巡回してくれているため、多くのページを見せることで、御社の商品やサービスについて、多くの情報を提供することができ、段階的に訪問者を説得することが可能となるためです。

そのため、SEOと合わせてLPO対策を行うことが、成約率向上にとって非常に重要となります。

ユーザビリティ対策

ユーザビリティとは、webサイトの使いやすさのことを言います。

ユーザが御社のwebサイトに訪れた際に、操作方法に悩んだり、見たい情報がどこにあるのか分からないなど、ユーザにとって扱いづらいwebサイトとならないための対策となります。

ユーザビリティ対策を行うことは、ホームページの成約率と密接に関わっており、扱いづらいホームページでは、訪問者は、そのサイトで情報収集や商品を購入などをしてくれることなく、他のwebサイトへと移動してしまいます

そのため、ホームページから成果を出すためには、ユーザビリティ対策を行うことが必要となり、最低でもユーザの操作性を意識しながらホームページを作成していくことが重要となります。

アクセス解析

アクセス解析とは、ホームページに訪れたユーザがどんなキーワードで訪れたのかや、どのページで出て行ったのかなどを知ることができるツールとなります。

今や多くの企業サイトがグーグルアナリティクスを導入しており、定期的にホームページの問題点の発見と改善を行っております。

アクセス解析で特に注意が必要なデータは、直帰率となっており、直帰率を改善することで、ホームページの成約率を飛躍的に高めることが可能となります。

また、SEOに力を入れられているwebサイトであれば、「検索ワード」や「入口となる回数が多いページ」などのデータも閲覧しながらwebサイトの改善を行っていかなくてはなりません。

EFO対策

EFO対策とは、Entry Form optimizationの頭文字を取った略で、メールフォームなどをユーザに対して最適化することを言います。

例えば、ユーザがお問い合わせをしたいと思ったときに、多くの情報を必須項目として入力させてしまうと、お問い合わせするのが非常に手間に感じてしまい、お問い合わせを行ってくれないこともあります。

このような問題点を改善することがEFOになり、お問い合わせページにアクセスしたユーザ数とサンキューページにアクセスしたユーザ数を確認して、なぜお問い合わせを行ってくれないのかを検討し、改善することでお問い合わせ率を飛躍的に高める手法になります。

まとめ

webマーケティングについてと、具体的な施策についてご紹介をさせていただきました。

現在、ホームページから成果を出すためには、SEOだけでは十分ではなく、さまざまなウェブマーケティング施策を行うことが重要になるため、まだウェブマーケティングの実施を行っていない方は、是非この機会にウェブマーケティングを実施されてみてはいかがでしょうか。