SEO対策とは

2020年3月2日

SEOとは、Search Engine Optimizationの頭文字をとった略になり、日本語でいうと検索エンジン最適化のことを言います。

検索エンジン最適化というと、検索エンジンに対してホームページを最適化することと思われてしまいがちですが、それは間違いで、検索エンジンを利用するユーザに対してホームページを最適化することで、そのウェブサイトのテーマに関連するさまざまなキーワードで検索結果ページに上位表示させる手法となります。

今回は、これからSEOを行おうとご検討の方向けに、SEOの基礎知識をご紹介いたします。

SEOとは

SEOとは、検索エンジンユーザに対してホームページを最適化することで、さまざまなキーワードで上位表示を実現する手法のことを言います。

SEOの手法については、さまざまなありますが、SEOで成果を出すために、最も重要なのは、訪問者にとって本当に役立つホームページを制作することになります。

どんなにSEOテクニックを駆使したウェブサイトを制作しても、訪問者に対してホームページを最適化していなければ、上位表示はもちろんですが、成果も出ることは無いため、注意が必要です。

SEOの考え方

これからSEOを実施しようとお考えの方にSEOの正しい考え方をご紹介いたします。

SEOはテクニックではない

SEOをこれから行おうとご検討の方は、まずSEOとはテクニックではなく、検索エンジンユーザにとって有益なコンテンツを作成することが重要であると覚える必要があります。

テクニックに頼ったSEOを実施してしまうと、ある日突然、検索エンジンの上位表示を決めるアルゴリズム(ルール)が変更されたときに、一気に検索順位を落としてしまう恐れがあり、そうなってしまうと、健全なウェブサイト運営を行うことができません。

そのため、テクニックはもちろん重要な要素の1つですが、テクニックよりもユーザにとって本当に価値のあるコンテンツを作成し続けることで、安定して多くの訪問者を集客できるウェブサイトとすることが可能です。

SEOの目的は成約率の向上

SEOを行われる方の多くは、訪問者の集客を目的とされていることが多くありますが、訪問者数を増やすことをSEOの目的としてしまった場合、成約率が非常に低いウェブサイトとなってしまいます。

どんなに訪問者を多数集客できるウェブサイトであったとしても、お問い合わせや商品購入をしてもらえないウェブサイトであったらまったく意味がないものになります。

そのため、SEOを行う際には、その施策が本当に訪問者にとって良い対策であるかを検討しながら実施しなくてはなりません。

メインワードだけにとらわれない

SEOというと、例えば、弊社は大阪のホームページ制作会社ですが、弊社のウェブサイトであれば、【ホームページ制作 大阪】などのキーワードだけに注力した対策を行ってしまいますが、それではすぐに訪問者数はもちろん、成約数も頭打ちしてしまいます。

このようなSEOの場合、例えば【ホームページ制作 大阪】のキーワードの月間検索回数が、3.600回であった場合、1位表示のクリック率を20%前後であったとしたら、720人前後の訪問者しか集客することができません。

さらにそこからお問い合わせや商品を購入してくれるユーザの割合は、0.5%だったとしたら、月間のお問い合わせ数は3件程度となってしまいます。

これでは期待通りの成果を上げるウェブサイトと言うことはできないため、できる限りさまざまなキーワードで集客できるSEOを実施する必要があります。

SEOの方法

SEOには内部対策と外部対策があり、それぞれの対策法をご紹介いたします。

内部対策

内部対策とは、ホームページ内部を検索エンジンが認識しやすいように制作する対策法になります。

例えば、ページタイトルにはそのページの内容を要約した文章をできる限り短く入れることや、ソースコードのエラーをなくす、サイト内リンクについては、ユーザがクリックしたくなる文言を作成するなどになります。

外部対策

外部対策とは、他のウェブサイトからリンクを獲得する対策法になります。

検索エンジンは、他のウェブサイトから多くリンクを獲得しているウェブサイトは良いホームページであると認識するため、リンク数が多ければ多いほどSEO効果は高まります。

ただし、リンク元のウェブサイトには注意が必要になり、リンク目的のウェブサイトからのリンクや、ヘッダやフッタなどの全ページ共通の箇所からのリンクなどは、無効化されてしまいます。

そのため、質の高いコンテンツを作成し続け、自然とリンクが集まるようなウェブサイトへと育てる必要があります。

まとめ

今回は、SEOについてご紹介をさせていただきました。

SEOを行う際には、テクニックに頼ったSEOを行ってしまうと、アルゴリズムの変更により、一気にアクセス数を落としてしまうため、必ずユーザ目線で行わなくてはなりません。

これからSEOを行おうとご検討の方は、ぜひこの機会にユーザ目線でのSEOを実施されてみてはいかがでしょうか。

SEO

Posted by webmaster