SEOのポイント

SEOにはポイントがあります。

このポイントをしっかりと守りSEO作業を行い続けることによってはじめてホームページは成功します。

そしてこのSEOのポイントは基本としては、ホームページ制作段階とそして運営段階の作業によって成功するものになっていて、これらをしっかりと行うことでお客さまのホームページはSEOで成功するのです。

ではなぜこのSEOは難しいのかという点も含めて今回はSEOのポイントについてご紹介をいたします。

SEOを極論で言うと

SEOを極論で

今や多くの方がSEOに取り組まれ毎日必死に記事を更新したりしております。

このSEO対策の対策法については、基本的には正しいものになっており、SEO対策においては実はページ数が非常に重要になるのです。

その根拠としては、基本的にはSEO対策については、グーグルの公表で言うと、検索エンジンユーザの検索ワードに対して最も詳しいホームぺージを上位表示させているので、基本的には詳しいホームページでなければ上位表示を実現することができないのです。

そしてこの詳しいホームページにおいては、一般的な企業さまにおいては、ホームページ全体のボリュームが必要になっており、このボリュームを増やし続けることでホームページ制作は成功いたします。

そしてそこにプラスアルファとして出てくるのが、実は被リンク対策になっており、2021年においては実は被リンクは軽視されているのですが、しかし狙ったメインのキーワードで上位表示しているホームページはその差はあるにしても最低限の被リンク量は獲得しているのです。

そして細かなところまでは分かりませんが、現在のグーグルは被リンクはあって当たり前のモノであると考えていると言っても過言ではなく、最低限の被リンク数は獲得できるようにしなくてはなりません。

当社はSEOを大阪で提供しており、このページ数と被リンク数の向上対策によって多くのホームページを成功へと導いております。

ページ数についての考え

ページ数

まず初めにSEOと言えばページ作成が最も有名だと思います。

もちろんこれは間違っていないものになっていて、しっかりとページ作成を行っていただくことでお客さまのホームページのSEOは成功するのですが、しかし実はこのSEOのためのページ作成においては、しっかりとページを更新する前にルールを定めることが重要になっております。

どういうことかというと、ページ数が大切ならばとにかくページ数が増えるようにホームページの更新をしていけば良いと思われるかもしれませんが、しかし実際にはページ数を増やすことももちろん大切ですが、そこにプラスアルファとしてグーグルの認識を検討しなくてはならないのです。

どういうことかというと、現在のSEOにおいては確かにページ数が大切なのですが、実はこれは非常に広まっている情報になるので、グーグルはこれらの作成ページを独自の判断でユーザのためになっているかどうかを評価しているのです。

この評価基準においては実は分からないものになっているのですが、しかし結構こういうページは駄目だろうなと思うページは大体評価をしていないページへとリストアップされているのです。

そして、実際にすべてのページをユーザのために作成したとしても、実はグーグルはそれらを正しく評価してくれることはなく、グーグル独自の評価で落ちてしまうとそれらのページはただ存在するだけのページとなってしまうのです。

そのため、弊社ではこの評価についてきっちりと考えて、少しでも高い評価を受けれるページ作成法を提案しており、これらをしていくことで大体ですが、ホームぺージのページ数のうち6/7程度が価値のあるページであると認識されるようになっております。

被リンクはどうすればいいのか

被リンク

そしてもちろん、このページ作成の他にも被リンクを行う必要があるのですが、この被リンク対策はどうすればいいのでしょうか。

この被リンクは価値の高いページさえ作成できれば自然に集まるという見解が非常に多いですが、実際にこれらで被リンクが集まるホームページは本当に一握りです。

そのため、基本としては被リンク対策を行う際には、どうやって被リンクを集めるかを真剣に考えることが重要で、考えても集まらないのが被リンクなので、弊社では以下のようなSEO対策を推奨しているのです。

被リンクが集まりやすいコンテンツ

まず初めに、原稿や画像の質で被リンクを集めることは本当に難しいので、コンテンツで被リンクを集めるのがよいでしょう。

例えば閉鎖yの場合であれば弊社は大阪のホームページ制作会社になるので、検索順位チェックツールなどのツールを公開していくことで、そのツールが便利だと考えてくれたユーザが被リンクを行ってくれるようになります。

これらのコンテンツは業種によって異なるのですが、実際にどのようなコンテンツを作成すればユーザが喜ぶのかを考えてコンテンツ作成を行うことで御社のホームページは大量に被リンクを楽して集めることが可能なのです。

自分で被リンクを行う

そして次に本当に大変なのでできれば辞めたほうが良いですが、自分で被リンク対策を行うことがあります。

この被リンク対策においては、本当に大変であるため、できれば辞めたほうが良いですが、しかし被リンクが集まらないホームページではこれを行うしかないのです。

そしてこの自分で被リンクを行うためには外部にホームページを制作してそこから定期的に被リンクを行うことになるのですが、実際にこれらの作業は本当に大変で弊社も毎日この対策を辞めたいと思っております。

ただ、現状で言えば弊社のホームページは自動で被リンクを集めることができないので、しっかりと対策を行っており、これらをどこかのタイミングで辞めれるように考えております。

外部も含めるとSEOは大変過ぎる

SEOは大変過ぎ

そして実際に弊社ではこれらのページ作成と被リンク対策を行っておりますが、SEOにおいて本当にきついのが被リンク対策であると言えます。

この被リンク対策は基本的には質の判定をされているので、質が低いと意味がないので質の高い可能性があるページを作成してそこから被リンクを行う必要があり、これらは本当に時間のかかるものになっているのです。

また、実際にこの被リンク対策は成果が出るまでにそれなりに時間がかかるので、あまり作業中に飛躍的に効果が出るということはなく、数日あるいは数週間後にSEO効果が向上しているのです。

SEOは基本的には年単位で考えて、のんびり行うことが推奨で、あまりいつまでに何位になると考えすぎないように継続したSEOを行うことを推奨いたします。

SEO

Posted by webmaster