SEOとコーディングの関係性

2020年3月2日

SEOに力を入れられるのであれば、ソースコードの記述についても、注意を払わなくてはなりません。

コーディングとは、ホームページを制作する際に、HTMLやCSSといった言語を駆使して、ソースコードを記述する作業のことを言い、あまりSEOに力を入れていないウェブサイトであれば、このコーディング作業については、主要などのブラウザで見てもレイアウトが崩れていなければ問題ありません。

しかし、SEOを行うとなると、そういうわけにはいかず、検索エンジンに正しくホームページを認識してもらうようにコーディングしなくてはなりません。

そこで今回は、SEOで期待通りの成果が出ていないとお悩みの方向けに、コーディングとSEOの関係性についてご紹介をいたします。

コーディングとは

HTMLコーディングとは、ウェブデザインをホームページ化する際に、HTMLやCSSといった言語を活用してソースコードを作成する作業のことを言います。

コーディングは、コーダーと呼ばれる職種の人が行うことが多いですが、ホームページ制作会社によっては、デザイナーが兼業しているということもあります。

通常コーディングは、ピクセルパーフェクトで行うことに注力し、どのブラウザで見てもレイアウトが一切崩れていないように制作されることが一般的です。

ただし、SEOに力を入れる場合は、このソースコード自体も検索エンジンが正しく認識できるように、作成していかなくてはなりません。

HTMLとSEOの関係性

HTMLを正しく記述することや、きれいなコーディングを行うこkとは、SEOにとって非常に重要です。

HTMLが煩雑だと、グーグルがその文章を正しく判断することができなくなり、例えば、大見出し・中見出し・小見出しの順番で本来は記述しなくてはならないのですが、大見出し・小見出しと言うように記述すると、グーグルは中見出しを探す必要が出てきてしまいます。

もちろん、グーグルは中見出しがないと認識はしてくれますが、混乱を招いてしまう結果になるため、グーグルが正しく処理できるようにしなくてはなりません。

これらをしっかりと行うことで、ホームページを正しくグーグルが評価してくれるようになり、SEOでも正しい評価を得ることが可能になります。

SEOに強いコーディングのポイント

SEOに強いコーディングを行うためのポイントをご紹介いたします。

html5.3・CSS3での記述

現在一般的にはhtml5.3とcss3での記述が一般的です。

html5と5.3は大まかにいえば、ほぼ同じなのですが、多少の仕様に変更が入っており、それらを理解してコーディングを行うことは非常に重要な要素です。

また、CSSファイルなども現在はグーグルが認識しているため、文法ミスは絶対に行ってはいけないことはもちろんですが、グーグルに確認されていると言う認識を持って作成していかなくてはなりません。

ミニファイ化

HTMLやCSS、JavaScriptなどをミニファイ化することで、グーグルやヤフーなどの検索エンジンのウェブページの情報収集効率を高めることができます。

ミニファイ化とは、できる限りファイルを小さく圧縮することを言い、不要な余白や改行を取ることを言います。

例えば、半角スペースなどは半角スペースとして検索エンジンは認識して、1byteとなり、その数が多ければ多いほど、グーグルは不要な改行やスペースを認識し続けなくてはなりません。

そのため、不要な改行やスペースを削除していくことで、必要な情報だけをグーグルに提供することが可能になります。

ただし、ホームページ制作会社ごとにこの考え方は異なり、弊社では、ホームページ運営上、必要な改行やコメントタグについては、残すようにしております。

タグのエラーをなくす

正しい文法でソースコードを作成していても、閉じタグを入れ忘れたりなどの問題が発生していたら、グーグルはウェブページを正しく認識してくれません。

そのため、タグのエラーについては、すべて対応してコーディングを実施することが重要になります。

ヘッダを短くする

検索エンジンは、ソースコードを上から順番に見ており、またリンクがあるとそのリンク先に飛んでいくため、1度のアクセスでそのページの情報すべてを収集してくれるわけではありません。

そのため、できる限りヘッドタグは短く記述することを意識する必要がありますが、ヘッダタグを短くしても、SEO効果が飛躍的に上がるということはありません。

まとめ

今回は、コーディングとSEOについてご紹介をさせていただきました。

コーディングだけで上位表示を実現できるようなウェブサイトを制作することは不可能ですが、せっかく作ったコンテンツをグーグルに正しく評価してもらう点においては、間違えたコーディングを行っている時よりも、効率よくSEOを行うことが可能です。

弊社は、HTMLコーディング代行・外注を大阪で行っておりますので、コーディング外注をお探しの方は、是非一度弊社のウェブサイトもご覧ください。

SEO

Posted by webmaster