新着情報の更新方法について弊社なりの考え

弊社のホームページでは新着情報を制作しております。

そしてこの新着情報を制作する際に構成としては、1つの新着情報に対して1ページを作成するようにしており、これらをしっかりと行うことでSEO効果を高めようと考えたのです。

そしてこれらを行うためにとにかくしっかりと新着情報を公開していたのですが、今後少しずつこの新着情報の更新方法を変えようと思っております。

そこで今回はあくまで弊社の考え方ですが、新着情報の更新方法の考えをご紹介いたします。

新着情報の更新

新着情報の更新

まず初めに新着情報の更新においては基本的にはいい加減に更新を行ってはならないと思っております。

その理由は、基本的には新着情報においてもせっかく更新するのであればSEOに効果的な更新にしたいと考えたので、しっかりと原稿を書いて公開をしております。

そしてこれらの作業においては、基本的には、しっかりと文字数を意識して更新を行ったのですが、実はこの更新作業においては、グーグルからは価値がないページであると認識されてしまったのです。

そしてその無価値であると考えられているページ数が非常に多いものになっており、やはり新着情報で原稿を足していくことは本当に難しいものになっています。

では、その価値について原則グーグル次第になっているので、これらのグーグルの価値について様子を見ながら改定していく必要があります。

そしてこれらの新着情報においては弊社のホームページではこちらの新着情報|ホームページ作成 大阪|株式会社セブンデザインのページのように更新しております。

価値の低いと見られているページの改善

価値の低いと見られているページの改善

そしてこのようにしっかりと作成しても価値が低いと見られている場合、弊社が行うべき対策は、この価値のない要するにインデックスされていないページの改善になるのです。

そしてこの価値の改善を行うことで、弊社のホームページは少しずつSEO効果が高まるものになるのですが、これらのリライトについてはどのように行うかを検討しております。

このリライトにおいては現在弊社が考えているのが、例えば2021年ゴールデンウィーク休業のお知らせページなどにおいては、現在2000文字近くを書いているのですが、これを行ってもSEO効果が出ないこと、そしてさらには他のホームページをチェックしてどういう文章を書いているのかを調べることが重要なのです。

そしてこれらを調べると意外と文字数が少ないページが多いものになっているので、今回弊社が検討しているのは文字数を減らすことになっているのです。

新着情報は文字数が少なくて良い

新着情報は文字数が少なくて良い

この新着情報の更新は本当に難しいものになっていて、どのような記事を書けば効果が出るのかというのは実際のところ誰も分からないものになっています。

そのため弊社ではできる限り多くの情報をオリジナルテキストで記述しているのですが、実はこれでもグーグルから価値が低いと思われています。

そしてさらにもう一点問題があり、この新着情報をもしかすれば新着情報として認識されていないのではないかという点です。

基本的にSEO対策を考えたときに、文字数に対する考え方が非常に大切になっていると思われます。

どういうことかというと、グーグルは文字数でそれぞれのコンテンツの役割を理解しているようで、実は文字数が多いコンテンツはブログのようなコンテンツだと認識され、新着情報と認識されない可能性があるのです。

そしてそうなってしまうと、文字数が少ないページは当然グーグルから内容が薄いページであると認識されるようになるので、新着情報を更新する際には文字数が非常に大切になってくるのです。

一般的にSEO対策を行っていると文字数が少ないというのは本当に怖いものになっているのですが、しっかりとこれらを考えて対策を行うことによりホームページの成果は最大化するのです。

立ち上げて改定

立ち上げて改定

そしてこの新着情報においては、まずはページを作成してみてグーグルの評価を見てから改善することが効率的ではないでしょうか

そして最初にしっかりと文字数のあるページを作成して、その後本当にユーザのために必要な情報だけのページへと改定することで、おそらくSEOに効果を出すことができると思っております。

そして実際に文字数を豊富に書いても結構な割合で、無価値であると認識されることが多いので、まずはしっかりと書く、そして価値がないページは改善していくことこそが重要であると思われます。

ただこの立ち上げてグーグルの認識を見て改定することはそれなりのストレスを感じるものになっていて、実はこの改定においては、制作することは何とか頑張れるが、しかし実際にリライトとなると筆が一切進まないという方もいるのです。

そしてこのリライト作業は実際に弊社も行っていたり、弊社のクライアントさまにも提案はしているのですが、このリライトのハードルは非常に高いものになるのです。

その理由は例えば新着情報においては、確かに更新することはそこまで大変なものではないと思うのですが、しかしその更新を行うことがSEOにおいて重要で、これらの新規ページ作成を継続しながら、新着情報を改善していくことは本当にきついものになっております。

そしてさらにはリライトの面倒くささ、ストレスからあまり行われないものになりますが、しっかりと対策建てて行うことがSEOにおいては重要です。

確かに過去の新着情報を更新してもそれほどユーザのためにはなりませんが、しかしグーグルはこれらの評価するため、 しっかりとリライトを行いそしてSEOで効果があることを伝えることで本当に新着情報でSEO効果を得ることが可能になるのです。