ホームページを公開するのに必要な費用

2020年3月2日

これから初めてホームページを制作しようとご検討の方は、実際にホームページ制作にいくらくらいかかるのかが分からなく、お悩みのことかと思います。

ホームページ制作にかかる費用は、依頼するホームページ制作会社によって異なるため、一概には言えませんが、どのホームページ制作会社も大まかな各地域の相場観に合わせて価格設定をしていると思います。

そこで今回は、ホームページを制作し、公開するまでにかかる費用についてご紹介をいたします。

ホームページ制作は大半が人件費

ホームページ制作の単価は、多くが人工計算で求められており、例えば弊社は大阪でホームページ作成を行っておりますが、大阪のホームページ制作単価に合わせながら、ディレクターやデザイナー、コーダー、プログラマーなどの時間単価を出しております。

ただし、人件費での見積りは、作業時間が長くなってしまうとその分費用が加算されてしまうため、弊社では、基本的には時間単価で出していますが、1ページあたりの単価に変換してお見積書を出しております。

ホームページの公開に必要な費用

ホームページを公開するために必要な費用をご紹介いたします。

ドメイン費

ドメインとは、ホームページの住所のようなものになり、当ブログであれば、「marketing-hp.net」がドメインになります。

ドメインは原則1年に1度費用が発生し、「marketing-hp」の後ろにある「.net」を.jpや.co.jp、.bizなどに変更すると費用が変わり、またドメイン保守会社によっても費用が変わります。

ざっくりとした費用としては、約1,000円/年から約10,000円/年になります。

サーバー費

サーバーとは、ホームページのhtmlデータやjpgデータなどをサーバーに入れることで、インターネットに公開することができるパソコンのことを言います。

一般的にはレンタルサーバーを利用することが多く、費用はレンタルサーバー会社によって異なりますが、約1,000円/月から約5,000円/月が一般的です。

企画費

ホームページの企画設計を行う費用です。

ホームページの企画設計は、ホームページから成果を出すために非常に重要で、お客様の目的を達成するための具体的なプランを作成します。

弊社で企画設計の費用で作成するのは、企画書だけではなく、ディレクトリーリストやSEO設計書、スケジュール表、お見積書になります。

企画費は、ホームページ制作費の10%から20%が一般的です。

進捗管理費

ホームページ制作の進捗を管理し、納期遅れがないように調整する費用です。

進捗管理費は、ホームページ制作費の10%が一般的です。

トップページデザイン費

トップページのデザインを作成する費用です。

こちらはどの制作会社に依頼しても、必要になってくる費用になり、作成したデザインをJPGなどで確認することが可能です。

もちろん、修正指示を出すことも可能ですが、ホームページ制作会社の中には、修正回数を制限しているところもあります。

トップページデザイン作成費は、3万から10万程度になります。

その他ページデザイン費

トップページ以外のページのデザインを作成する費用です。

こちらは、すべてのページでJPGを作成するのではなく、主要なページのみをJPGで作成し、その他のページはワイヤーフレームの作成にとどまります。

そうすることで、デザイン作成費を大きく抑えることができ、弊社であれば、JPGを作成ページを10,000円/ページ、作成せずワイヤーフレームと呼ばれる線画で対応したページを5,000円といたしております。

ワイヤーフレームのページに費用がかかる理由は、ホームページにしたときに写真をトリミングしたり、背景デザインを作成などのデザインのパーツの作成を行わなくてはならないためです。

その他ページのデザイン作成費は、3,000円から15,000円が一般的です。

コーディング費

作成したデザインをホームページ化する費用になり、どのブラウザで見ても、レイアウトが崩れないようにホームページ化を行います。

コーディング費は、8,000円から12,000円が一般的です。

ワードプレス導入費

ワードプレスを導入したり、カスタマイズしたりする費用になります。

ワードプレスは、そのままでは利用することができませんので、カスタマイズをして、SEOに重要なタグを入れたり、更新がしやすいように管理画面のカスタマイズを行います。

ワードプレス費は、インストールと初期設定で20,000円から50,000円、カスタマイズで10,000円/コンテンツから50,000円/コンテンツがかかります。

お問い合わせフォーム導入費

お問い合わせフォームなどのメールフォームを構築する費用になり、オリジナルと既製品を利用する場合で大きく費用が異なります。

オリジナルのメールフォームのほうがさまざまなことに対応ができるようになっており、本当にシンプルなお問い合わせフォームであれば既製品、複雑な場合はオリジナルを導入します。

メールフォーム構築費の費用は、既製品であれば10,000円から20,000円、オリジナルの場合であれば、40,000円から80,000円程になります。

レスポンシブウェブデザイン費

スマートフォンとPCで、ウェブサイトの表示を変える制作手法になります。

レスポンシブウェブデザイン費は、ホームページ制作のデザイン費とコーディング費の50%から70%の費用がかかります。

まとめ

今回は、ホームページ制作にかかる費用についてご紹介をさせていただきました。

ホームページ制作にかかる費用は、ホームページ制作会社によって異なるため、一概には言えませんが、弊社では上記のような価格で行っております。

これから初めてのホームページ制作をご検討の方の参考になりましたら幸いです。