SEOでやってはいけないこと

2020年3月2日

これからSEOを行おうとご検討の方は、さまざまな情報収集を行い、何とか検索順位を上げようとされているかと思います。

しかし、インターネットで見た情報が必ずしも正しいSEOであるということはないため、知らずに間違えたSEOを実施してしまい、全く効果が出なかったり、また最悪のケースでは、検索エンジンスパムになり、検索結果ページから除外されてしまうこともあります。

そこで今回は、SEOをこれから行おうとお考えの方向けにSEOで行ってはいけないことをご紹介いたします。

自作自演のリンク

自作自演のリンクとは、自社サイトのほかに、リンクを目的としたホームページまたはブログを制作し、そこからリンクを行うことを言います。

現在のSEOにおいて、こちらの対策はマイナス評価を受けることはありませんが、プラスの評価もないため、対策を行うこと自体が全く無意味なものになります。

そのため、リンク目的のウェブサイトを作成し、リンクを行うような行為は絶対に行ってはいけません。

コンテンツのコピー

他のウェブサイトからコンテンツを丸々コピーして自社のホームページに公開すること、または文末だけ文章を変更して、公開するようなことは行ってはいけません。

コピーライトとしてももちろん問題ですが、SEOとしてに限定すると、グーグルは、そのウェブサイトがいつその原稿をアップしたのかの情報をデータベースに記述しています。

そのため、万が一グーグルにそのような行為が見つかってしまうと、すぐに検索結果から除外されてしまいます。

コンテンツの自動生成

例えば、ブログ記事などをプログラムなどで自動生成するツールを使って、原稿の自動作成を行うと、検索エンジンペナルティーの対象となります。

自動生成された原稿は、設定したキーワードは使っていますが、その文章自体がまったく意味のないものになるため、検索エンジンに見つけられると、SEO目的で作成されたホームページとすぐに分かります。

そのため、これらの自動生成ツールなどは、絶対に使わず、自分でユーザにとって役立つ原稿を作成するようにしなくてはなりません。

リンクプログラムへの参加

最近ではかなり数は減りましたが、いまだにリンクプログラムに参加しているウェブサイトも多くあります。

リンクプログラムとは、相互リンク目的のリンク集などになり、お互いのウェブサイトでリンクをしあっている状態になります。

現在は、価値の低い、リンク目的の被リンクは無効化されるため、まったく無駄な対策となってしまいます。

隠しテキスト

検索エンジンには見えないように隠しテキストを配置することもSEOスパムになります。

基本的には、画像の裏や画像の説明文であるALT属性などにキーワードを詰め込む、背景と同色のテキストでキーワードを羅列する、他のページから一切リンクがされていないキーワードだけを詰め込んだユーザが訪れても全く価値のないページを作成するなどの行為はすべてスパム行為になり、ユーザや検索エンジンをだますような行為は絶対に行ってはいけません。

SEOはユーザのために行うことが大切

上記でご紹介したのは、グーグルが公表しているSEOスパムの一例です。

上記の対策を見ると、どれもユーザを騙すや、他のサイトのコピーをするなど、健全なウェブサイト運営ということができない行為になっています。

SEOをこれから実施される方は、このようなSEOを行わないためにも、ホームページにあるすべてのページでユーザのことを考えて制作することが重要になります。

例えば、ブログ記事などにおいても、検索エンジンからそのページにアクセスしたユーザは、タイトルを見てアクセスするかを決めているため、タイトルの内容に対してユーザが十分に満足できる内容で作成できているかを検討しながら作成することが重要です。

また、ブログではなく、ウェブサイトのサービスページなどにおいても、できる限りユーザに正しい情報や、詳しい情報を提供できるページ作成が重要になります。

テクニックに頼ったSEOに注力してしまうと、上記のような対策を行ってしまいがちですが、一時的に順位が上がったとしても、すぐに検索順位を落としてしまうため、中長期的に見たときには、まっとうな運営を行っているウェブサイトのほうが効率がよくなってしまいます。

そのため、SEOは時間がかかるものであるという認識を持ち、正しいSEOを実施していくことをお薦めいたします。

まとめ

今回ご紹介したSEOで行ってはいけないことは、どの対策もユーザまたは検索エンジンを騙す行為となっており、一時的には騙すことができたとしても、たとえ上位に上がっても、すぐに検索エンジンにばれてしまい検索結果でを落としてしまいます。

そのため、上記のような小手先のSEOを行うのではなく、本当に検索エンジンユーザにとって役立つウェブサイトを作成するようにしていくことで、検索順位に左右されない本当に成果の出るウェブサイトとすることが可能です。

SEO

Posted by webmaster