ホームページ制作後の導入ツール

ホームページを制作したら必ず導入したほうが良いツールがあります。

この導入したほうが良いツールは、基本的にはSEOをしているしていない、あるいは成果を求めているいないにかかわらず導入していくことが重要であると弊社では考えております。

そこで今回はホームページ制作後に導入していきたいツールについてご紹介をいたします。

ホームページ制作後の導入ツール

ホームページ制作後の導入ツール

ホームページ制作後の導入ツールについては、弊社では、XMLサイトマップとロボットテキスト、(リニューアルの場合は.htaccess、)グーグルアナリティクス、グーグルサーチコンソール、ビングウェブマスターツールになります。

これらのツールを導入することは基本的にはすべてのホームページにおいて重要になっており、しっかりと導入していくことで、少しだけSEOに有利になったり、さらには本気でホームページの成果を上げようと考えたときに、これらのツールを利用することで、飛躍的にその効果を高めることが可能なのです。

そのため、確かにこれらのツールを導入することは少しだけお客さまに手間はかかりますが、しかし、導入だけしておけば、ホームページ運営フェーズで特に作業が発生するものではないので、しっかりと導入していくことがオススメです。

XMLサイトマップとロボットテキスト

XMLサイトマップとロボットテキスト

まず初めに、XMLサイトマップやロボットテキストがあり、これらは基本的にはホームページ制作会社が導入してくれるものになっております。

XMLサイトマップやロボットテキストは以下が参考になります。

大阪のホームページ制作会社セブンデザインのXMLサイトマップ

大阪のホームページ制作会社セブンデザインのロボットテキスト

上記が弊社のXMLサイトマップとロボットテキストになっており、これらは基本的には設置していくだけで良いものになっております。

現在であれば、基本的には、ワードプレスでのホームページ制作が一般的になっているので、ワードプレスを利用していれば、例えば新規ページを作成したときには、新規ページが自動的に追加されるようになっています。

そしてXMLサイトマップのみですが、以下でご紹介するグーグルサーチコンソールで送信の設定を行うだけになっております。

この送信設定をすることで、グーグルは定期的にXMLサイトマップに記載されたURLを確認に訪れてくれるので、非常にSEO対策で成果の出るホームページ制作となるのです。

グーグルアナリティクス、グーグルサーチコンソール、ビングウェブマスターツール

グーグルアナリティクス、グーグルサーチコンソール、ビングウェブマスターツール

次にグーグルサーチコンソール、グーグルアナリティクス、ビングウェブマスターツールがあるのですが、これらのツールは基本的には、すぐに利用しなくても、初期設定を行っておくことが大切です。

これらのツールをしっかりと導入していくことで、例えばSEO対策を行おうと考えたときに、豊富なデータ量から適切な対策法を導き出したり、さらには効果検証が行えるようになっているので、非常に効果的な対策とすることが可能なのです。

そしてこれらを徹底化していくことで、ホームページ制作の成果は飛躍的に高まり、より効果的なホームページとなるのです。

そしてSEOを考えるとグーグルサーチコンソールとビングウェブマスターツールは非常に重要になっているのでしっかりと設定だけはしていくようにしましょう。

グーグルサーチコンソール

グーグルアナリティクス

ビングウェブマスターツール

しっかりとツールを導入しよう

ツールを導入しよう

上記が弊社がホームページ制作段階で導入しているツールになっております。

もちろんこれらのツールを導入するだけで成功させるというのは不可能ですが、しかし微増のSEO効果があることや、さらには本気でSEOを行う際に重要なデータとなっています。

そしてこれらを徹底して行うことで、ホームページ制作は少しずつ成果を高めていき、期待以上の成果の出るホームページ制作となるのです。

XMLサイトマップやロボットテキストは一度設置すればその後行うことがないので、ホームページ運営量が増えるものではないので、しっかりとこれらを導入していくことをお薦めします。

また、グーグルアナリティクスやビングウェブマスターツール、グーグルサーチコンソールにおいては、ただ導入するだけではなく、ホームページの改善を行うときにそのデータを利用した改善法を検討することが重要になっているので、どこかのタイミングでは必要になるデータであると考えることが重要です。

そして特にグーグルアナリティクスなどのデータにおいては、ただデータを見るだけではなく、しっかりとそのデータを見て、ホームページの改善に活かしていかなくてはならず、これらを徹底していくことで、ホームページ制作の成果を大きく向上させることが可能なのです。

また、XMLサイトマップなどの生成についてはワードプレスであれば簡単に設定できますが、オリジナルシステムやその他のツールであってもしっかりと設置されるようにしなくてはなりません。